2列王記12章 宝物倉にあるすべての金を取って

2王12:18「それでユダの王ヨアシュは、自分の先祖であるユダの王ヨシャパテ、ヨラム、アハズヤが聖別してささげたすべての物、および自分自身が聖別してささげた物、主の宮と王宮との宝物倉にあるすべての金を取って、アラムの王ハザエルに送ったので、ハザエルはエルサレムから去って行った」
ハザエルに金を渡したことが、ヨアシュが暗殺される原因の一つとなりました(20)。ソロモンが神殿を建設してから約150年が経過しています。どんな建築物でも100年以上経つなら老朽化していき、黄金の輝きも磨かなければ、黒ずんでしまいます。ヨアシュはずっと神殿補修を気にかけていました。それは祭司エホヤダが神の律法やしきたりをヨアシュに教えていたからです。しかし、ヨアシュが30歳になっても、一向に神殿の修復は行われません(6)。いままで集めた金が、宮で働く木工や建築師たちにうまく払われていなかったからです(7)。それでエホヤダが箱を宮の入り口に置き、自由に献金するシステムをつくりました(9)。これで神殿修復は順調に行くようになりましたが(15)、アラムの王ハザエルが攻め上って来たことで状況が一変します。ヨアシュが宮の宝物倉にあるすべての金をハザエルに差し出したことで、国の財政が傾いてしまったのです。エホヤダの生きている間はヨアシュは主に従いましたが、エホヤダの死後ユダのつかさたちがヨアシュにアシュラ像を拝むようにしたので、主はヨアシュの繁栄を除かれました(2歴24:17-20)。結局、7歳で王になったヨアシュは(11:21)、47歳で暗殺されてしまいます。

2列王記10章 みな打ち殺し

2王10:11「そして、エフーは、アハブの家に属する者でイズレエルに残っていた者全部、身分の高い者、親しい者、その祭司たちを、みな打ち殺し、ひとりも生き残る者がないまでにした」
エフーは、アハブ家を根絶やしにすることに重きを置いていました。それほど、アハブとイゼベルは厄介な存在だったのです。アハブがヤロブアムが罪のうちの歩むことは軽いことだったと書かれています(1王16:31)。また、シドンの王の娘イゼベルを妻に迎え、彼女の神バアルを拝んでいます(1王16:31)。彼はアシェラ像も作っており、ヤロブアムの金の子牛だけでなく、バアル、アシェラとその罪は重くなっていきます。それに加えて、イゼベルは主の預言者たちを次から次へと殺しています(1王18:4)。イゼベルは、バアルの預言者たちを殺した(1王19:40)エリヤを執拗に付け狙います(1王19:2)。このときにエリヤにエフーを王にせよと預言があったのです(1王19:16)。イゼベルは夫アハブをそそのかし続け、主の前で悪を行わせた張本人です(1王21:25)。おそらく民にも人気はなく、エフーがイゼベルを突き落とすように言ったとき、2-3人の宦官が突き落としています(9:32)。アハブも同様で、民のつかさたちに自分に味方するように手紙を書いたなら、すぐにアハブの子70人の首が届けられています(6)。アハブ、イゼベルは、ユダ国のアタルヤ、マナセに匹敵する悪だったのです。

2列王記8章 エリシャが生き返らせたその子どもです

2王8:5「彼が王に、死人を生き返らせたあのことを話していると、ちょうどそこに、子どもを生き返らせてもらった女が、自分の家と畑のことについて王に訴えに来た。そこで、ゲハジは言った。「王さま。これがその女です。これが、エリシャが生き返らせたその子どもです」」
ゲハジはシュネムの女の子どもの復活に深く関わっていました。実際に死んだのも目撃し、自分がエリシャの杖を子どもの顔の上に置きました(4:29)。子どもが生き返った話を、興味深そうに聞いたこの王は、おそらくヨラムのことだと思います(4)。ゲハジがナアマンから金品をもらって隠したことから、彼自身にツァラアトが発病したことで5章は終わっています(5:27)。しかし、ゲハジはその後もエリシャに仕え、イスラエルの王に呼び出され、エリシャのことを語っています(4)。王はゲハジの話の生き証人となるシュネムの女の話と合わせて、いかにエリシャが神の預言者としてわざを行なっていたかを知ることになります。王はその場で、彼女の訴えを聞き、7年の飢きんの間の畑の収穫を保証します(6)。ヨラムはアハブの次男で、ユダのアハズヤ王とは叔父と甥の関係になります。ヨラムが負傷したときにユダのアハズヤは見舞いに行っています(29)。ヨラムは主の前で悪を行なったが、彼の父母ほどではなかったとあります(3:2)。しかも、バアルの石の柱を取り除いています(3:2)。なによりもエリシャに興味を示しています。イスラエルの王の中でも、主に目を向け、心優しい王もいたのです。

2列王機5章 主は生きておられる

2王5:20「そのとき、神の人エリシャに仕える若い者ゲハジはこう考えた。「なんとしたことか。私の主人は、あのアラム人ナアマンが持って来た物を受け取ろうとはしなかった。主は生きておられる。私は彼のあとを追いかけて行き、必ず何かをもらって来よう」
預言者の妻が困窮しているとき、エリシャが油を器の限り満たしたことはゲハジも見ていたはずです(4:3-6)。「私が仕えている主は生きておられる(16)」と言ったエリシャの言葉は嘘偽りのないもので、主が必要なものは与えてくださるという信仰からきたものです。同じ「主は生きておられる(20)」と言ったゲハジの考え方は違っていました。このヘブル語で「jehova hay(ジェホバ ハイ)」と書かれている「主は生きておられる」ということばは、主が働かれるという意味が含まれています。ゲハジは主がナアマンを通して贈ってくださった恵みをエリシャが断ったのだと考えました。ゲハジは、エリシャを養ってくれたジュネムの裕福な女について、彼女には子どもがいないことを知らせたことがあります(4:14)。ゲハジがまったくの悪人で、欲深い者だったとは思えません。しかし、ナアマンから贈り物を受け取ろうとしたときに、若い預言者のために銀と晴れ着をくださいと嘘を言うのです(22)。そのあとは、堕落の一途をたどります。まず、自分の家に贈り物を隠し(24)、エリシャからの質問に嘘を答えました(25)。ナアマンがエリシャを訪れたときには、ゲハジの心はまだエリシャとともにありました(26)。かすかな誘惑の声がゲハジの心にあったのです。

2列王記2章 わたしはこの水をいやした

2王2:21「エリシャは水の源のところに行って、塩をそこに投げ込んで言った。「主はこう仰せられる。『わたしはこの水をいやした。ここからは、もう、死も流産も起こらない』」」
エリシャの態度は、エリヤがたつまきに乗って天に昇ってから、徐々に変わっています。最初は「とどまっていなさい(2)」とエリヤに言われても、「決してあなたから離れません(2)」と強情な面をみせています。また、ほかの預言者からエリヤが天に取られることを聞いたときも、「黙っていてください(3)」とそっけない態度でした。このようなことがベテルとエリコの地であり(1-6)、ヨルダン川を渡り終えたとき(8)、エリヤがエリシャの望みを聞きます(9)。エリシャはエリヤの2倍の霊力を欲しがります(9)。エリシャの頑固で欲張りな性格が見て取れます。しかし、、エリヤが去ってから、彼の言動に変化が見られます。エリヤの霊がエリシャにあることを見た、預言者の仲間はどこかにエリヤがいるだろうと探します。エリシャは最初、行かないように言いますが、やがて根負けして行ってもよいと判断します(16-17)。また、エリコで水が悪いことを聞くと、彼らのために塩で水を清め、主の名によって水をいやしたことを預言するのです(20-21)。ただし、エリコでは大勢の子どもにからかわれ、主の名によって子どもをのろい42人が死んでいます(24)。理解に苦しみますが、まだエリシャが自分にエリヤの2倍の霊力が備わっていることを完全に理解していなかったのかもしれません。

エゼキエル48章 主はここにおられる

エゼ48:35「町の周囲は一万八千キュビトあり、その日からこの町の名は、『主はここにおられる』と呼ばれる」
「主はここにおられる」はヘブル語で「yehova sama(エホバ・シャマ)」で、エホバはもちろん「YHWH」のことです。これは聖書の中でエゼキエルのこの箇所にしか登場しない単語で、エゼキエル書を締めくくることばでもあります。エゼキエルの最初はケバル川のほとりで、ケルビムを見ることから始まっています(1章)。そして、イスラエルの全家に対してこれから起きることを告げました。それは、おおむねエレミヤの預言と同じもので、イスラエルが偶像を拝み、主の忌み嫌うことをやめなかったので、主のさばきが下り、バビロンによって連行されるという内容でした。37章になってから、預言の内容がそれまでのものと大きく違い、「骨に預言して言え(37:4)」と命じられ、筋、肉、皮膚がつき、神の息を吹き込まれ生き返りました(37:6-10)。さらに不思議なのは40章から始まる、エゼキエル神殿についてです。いったい、いつの時代なのか、その目的は何なのか、キリストの十字架によって贖われた教会はどのように関わるのか、と多くの疑問が残ります。しかし、これはあくまで主である神と、神の選ばれた民ユダヤ人との関係であり、最後に区分けされた町は「主はここにおられる」と呼ばれることに、全ては集約されていると思います。

エゼキエル47 章 先祖に与えると誓った

エゼ47:14「あなたがたはそれを等分に割り当てなければならない。それはわたしがかつてあなたがたの先祖に与えると誓ったものである。この地は相続地としてあなたがたのものである」
神殿、ささげ物と続いて、ここにきて12部族がクローズアップされています。まず、領土の境界か示されています(15-19)。これらの領土は、かつてはくじによって割り当て地が決まりました(ヨシュ13-19章)。今回は「等分」だと書かれています。したがって、かつてダン族のように貧乏くじを引いたために(ヨシュ19:40)割り当てが少なく、もっと多くの土地を求めるようなことはなくなります(士18:1)。主はすでに割り当てを決めておられ(48:1-8)、しかも最初に書かれているのはダンの割り当て地からです(48:1)。バビロン捕囚以降、散り散りになったイスラエル部族ですが、エズラ記によれば、多くのイスラエルの族の名前が帰還したリストの中にあります(エズ2:3-35)。また、エルサレムには生き残ったユダヤ人たちが、ユダとベニヤミンの敵と称されて登場しています(エズ4:1)。また、新約ではアシェル族の末裔の女預言者アンナという人がいたと書かれています(ルカ2:36)。このようにごく少数ですが、ユダ、ベニヤミン、レビ族以外の部族が生き残っていたことがわかります。エゼキエルの預言のように割り当てが決められるなら、当然部族単位の集団がいなければならないのです。